ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

院長挨拶

印刷用ページを表示する 2016年5月16日更新

院長あいさつ

西予市民病院 院長 末光浩也

 西予市立西予市民病院は、市民の皆さまのご支援によりこの度新しい病院として誕生することとなりました。多岐にわたりご支援ご協力いただきました関係者の皆さま方に心より感謝申し上げます。

 当院の理念である「地域の病院として人を大切にし、安心と信頼の医療を提供する病院」のもと努力いたします。新病院においては、災害対策で免震構造を導入し将来予想される南海トラフ地震にも耐えうる構造になっており、災害時には地域の拠点病院としての対応可能な病院となっています。また一階に外来診察・リハビリ、臨床検査などの部門を、二階に病棟、手術室を配置し、患者さまの移動がスムーズな動線を確保しました。さらに新しいMRIなど医療機器や電子カルテシステムを導入し、個室を増やすなどして快適な療養環境の提供も可能になりました。近隣の委員や診療所との病診連携、また他病院との病病連携を充実させ、お互いに活用することにより患者さまと医療者の情報を共有し、双方の医療の発展につながるよう努めます。

 西予市民病院が、市民の皆さまに信頼され、愛される病院となるよう、職員一丸となり努力してまいりますので、皆さまのご理解とご支援を宜しくお願い申し上げます。


ページのトップへ戻る 前のページに戻る